AGAとは?発症のメカニズムを解説

抜け毛、薄毛などAGAの原因

薄毛や抜け毛の原因として、近頃話題となっているのがAGA(男性型脱毛症)。

その名の通り男性のみが発症するもので、原因となるのは男性ホルモン(テストステロン)が変化して出来た物質、DHTです。

このDHTが頭皮にある髪の毛の生産工場、毛母細胞を攻撃してしまい、弱った細胞はじょじょにしっかりとした髪の毛を作れなくなってどんどん薄毛が進行していくという仕組みです。

DHTに変化する過程はまだ研究が進んでいませんが、遺伝が大きい要素であることは経験上よく知られています。

父親、祖父などが若くして薄毛に悩んでいた男性であれば知識を身につけておいて損はないでしょう。

AGAの種類と症状の違い

AGAは先述のように、男性ホルモンが変化した物質によって頭皮の細胞が痛めつけられてしまうことで髪が減ってしまう症状です。

薄毛の男性にはいくつかのパターンがあり、額の生え際がしだいに後退していき、最終的に前頭部が禿げ上がってしまうパターン、また頭頂部から症状が進行し、てっぺんが禿げてしまうパターン、またこれらが複合し、てっぺんと額から進行していくパターンなどに分けられます。

統計上、側頭部や後頭部から薄くなっていくケースはほとんどないのですが、これらの部位の男性ホルモンの分泌量の差が原因と言われています。

AGAのセルフチェック法

自分がAGAであるかどうかは、最終的には専門クリニックに行って診断をするしかありません。

しかし、ある程度のことはセルフチェックでわかりますので気を付けるポイントを見ていきましょう。

まず、単純に生え際が後退したり髪全体のボリュームが減っていること。これはAGAの症状ですので当然です。

また、親族にAGAの方がいること。遺伝による影響が大きいため、これも無視できません。

さらに最も重要なのが、抜け毛の状態です。

太くしっかりとした毛ではなく、細く短い毛ばかりが抜けていれば、毛母細胞が弱っている=AGAである可能性は高くなります。

以上を踏まえ、当てはまる項目の多い方は専門クリニックで診断してもらいましょう。

AGAではない抜け毛・薄毛の原因

先述のようなセルフチェックで、「薄毛になってきているけど、どうもAGAじゃないんじゃないかな」という方もいるでしょう。

その場合、大きく分けて二つの可能性があります。

ひとつは円形脱毛症で、その名の通り頭髪が円形に抜け落ちて頭皮がむき出しになる症状があります。

AGAと違い側頭部や後頭部にも出来るうえ、ごっそりと一晩で脱毛するため判別はしやすいでしょう。

もうひとつは脂漏性皮膚炎で、これは自分の皮脂にかぶれてしまって頭皮がボロボロになり、結果として毛が抜けてしまう状態です。

頭皮に赤み・かゆみが強い場合はこの疑いが濃厚です。適切な治療を受ければ、早期に治すことも可能であるため頭皮に異常が認められる場合は皮膚科を受診しましょう。