AGA治療でではどんな薬が用いられるの?その効果とは

プロペシアの特徴と効果

AGA治療薬として代表的なものがプロペシアです。この薬は世界中で使用されており、日本でも厚生労働省が認可している薬となります。主成分はフィナステリドで、AGAによる薄毛の進行の原因となっているジヒドロテストステロンが増えるのを妨げます。AGAの原因は男性ホルモンと還元酵素の5α-リダクターゼが結びついて発生するDHTで、AGA治療薬の効力によってDHTの生成を抑制して、薄毛の進行を食い止めます。主成分の特徴として5αリダクターゼと結合する特性を持っており、これによって男性ホルモンが結合できなくなることで、DHTの生成を妨げます。1度飲めば効果があるという種類の薬ではなく、最低でも半年ほどは飲み続ける必要があります。

ザガーロの特徴と効果

AGA治療薬といえばプロペシアが最も多く医療機関で処方されている飲み薬ですが、最近認可された薬としてザガーロがあります。この新薬はプロペシアに使用されている主成分のフィナステリドとは違う成分が含まれています。プロペシアの主成分のフィナステリドの場合には、ジヒドロテストステロンが増える原因となる還元酵素の5α-リダクターゼの1つの型にしか有効ではありませんでした。しかし、新薬の主成分はデュタステリドで、2種類の5αリダクターゼに対して抑制作用のある成分となります。従って、プロペシアと比較してAGAの症状を抑制する効果が高いと考えられています。

ミノキシジルの特徴と効果

AGA治療が受けられる病院で行われている主な処方薬の1つに、ミノキシジル配合の育毛剤があります。この有効成分も厚生労働省の認可を受けているので、病院で処方が行われています。成分の特徴として頭皮に塗布すると、その部分の毛細血管を広げることができるので、それまで滞っていた栄養素を届けやすくなります。毛髪の成長に必要な酸素や栄養素は、血液に乗って運ばれますので、血流が改善されることは薄毛の治療につながります。AGAクリニックで行われている初期段階の治療としては、飲み薬のプロペシアと一緒に育毛剤を使った方法が多く用いられています。

HARG療法やメソセラピーなどの特徴

AGA専門のクリニックで受けられる治療は、飲み薬や育毛剤だけではありません。重度に進行しているAGAの場合には、プロペシアを飲んだり、ミノキシジル入りの育毛剤を外部から塗布するだけでは対応できない症状もあります。そのような進行性の薄毛には育毛メソセラピーの施術を受ける治療方法もあります。AGA治療に有効な成分を、頭皮に注射を打つ施術で、内部から有効成分を吸収できるために高い効果が見込めます。さらに、専門性の高い治療方法としては、HARG療法を選択することも可能で、この治療法は毛髪再生医療と呼ばれています。毛髪再生因子を頭皮の内部に注入することで、体の内側から育毛作用を引き出す治療です。

これらの薬品は個人輸入で入手も可能ですが、自己責任となります。必ずAGA専門の医院で処方してもらいましょう。

体験談記事もありますので、一緒にどうぞ。

【関連記事】AGAの薄毛治療を埼玉県大宮の病院で受けてきた【体験レビュー】