ハゲ方によって症状がちがう?型別のAGA治療効果を解説

AGAの症状別の効き方の違い

AGAの症状にもタイプがありタイプ別に生え際(M字)型、頭頂部型、前頭部型と大まかに分ける事が出来ますが、それぞれの原因によって治療薬の効き方も変わってきます。

症状の出方はそれぞれ違いがありますが、同じタイプだからといって誰しもが同じ治療になるとは限りません。

その人の体質や生活習慣、遺伝的なものも含めて治療法が考えられます。

主に処方されるのは飲み薬として使われるフィナステリドと飲み薬と塗り薬があるミノキシジルです。

どちらもAGA治療に効果があると実証されていますが、患者のタイプによって最適な薬が処方されます。

効果が出始めるまでの期間

具体的に治療を始めてどれくらいの期間がかかるかという問題ですが、これは症状の進行具合や体質などによっても変わってくるので一概には言えませんが、早い人では3ヶ月程度、おおよそ6ヶ月程経つと効果が実感出来るようになります。

毛周期に合わせて徐々に薄毛が改善していくので効果が出るまでにはある程度の期間が掛かりますし、その間は継続して治療薬の服用が必要となります。

併せて食生活や生活習慣の改善を行なうことによって治療の効果を促進させる事も可能なので、より早く効果を実感したいという場合にはそういった事も平行して行なっていくと良いでしょう。

効果はどれくらい持続する?

主に治療に使われているのはフィナステリドとミノキシジルです。どちらもAGAに効果があり、患者のタイプによって治療を受ける際に処方されます。

まずフィナステリドの持続期間についてですが、使い続ける事によって効果は持続し、薄毛の症状がおさまり発毛が促進されます。

服用している間は髪が増え続けるので、長期間利用していれば頭髪は次第に増え続けていき、症状の軽い人であれば一定期間経つ事で薄毛の症状があらわれる前の状態にまで戻す事が出来ます。

ミノキシジルも同様で、使い続けている限りは効果は持続するので長く使う程、頭髪の状態は改善していきます。

薄毛治療を止めるとどうなる?

もし薄毛治療を止めてしまった場合、髪の毛はどうなるのかについてですが残念ながらAGA治療薬の使用を止めてしまった場合、徐々に脱毛が進行していって、最終的には治療前の状態に戻っていきます。

そのまま使用を止め続ければさらに症状が進行してしまうでしょう。

生活習慣の改善などによって進行を遅らせる事は出来ますが、AGAの治療薬はあくまで薄毛の進行を止めるものなので、根本的な原因を解消して薄毛が解消されたから終わりという事にはなりません。

AGAの原因を薬の力で押さえている状態なので、頭髪を維持していくためには継続して治療薬を服用していく事になります。