AGA治療のメリットとデメリットを解説

AGA治療のメリットとは

AGAは男性型脱毛症とも言われる脱毛症です。

男性型という言葉が使われているように、男性に起こる脱毛症となっています。

今はAGAもクリニックで治療できる時代となりました。

AGA治療を受けるメリットとしては、発毛サイクルが整うという点が挙げられます。

健康な毛根は髪の成長期が、約2年から6年程度続くのですがAGAになってしまうと、髪に成長が半年から1年程度と、極端に短くなってしまうのが特徴です。

髪の成長期が短くなるため、まだ成長段階にある髪も抜けてしまい結果、薄毛が進んでしまうのです。

AGA治療を受ける事によって、髪の成長サイクルが正常に戻り抜け毛を減らせるというメリットがあります。

AGA治療のデメリット

メリットだけに注目しがちなAGA治療ですが、治療を受けて起こり得るリスクなどのデメリットも、きちんと把握しておきましょう。

AGA治療ではプロペシアやミノキシジルといった、内服薬を服用する治療法が一般的です。

これらの内服薬は安全性の高いものとなっていますが、ケースによっては副作用を起こす場合もあるようです。

プロペシアの場合、性欲減退を感じるケースがあります。

ミノキシジルは服用して初期脱毛という、一時的に髪が抜けてしまう症状や、多毛症という体毛が濃くなる症状も報告されています。

また、これらの内服薬は健康保険が適用されない為、治療費の負担が大きいという点もデメリットと感じる方がいるでしょう。

どんな人が治療に向いている?

AGAは年齢を重ねた男性だけでなく、20代と若い世代の男性にも起こりうる脱毛症です。

20代・30代という世代で、AGAになってしまった方は治療で薄毛のコンプレックスを解消してみてはいかがでしょう。

髪のコンプレックスが解消される事によって、恋愛や仕事にも積極的になれたという方が多いようです。

また、薄毛だと女性の受けも悪くなります。

女性にモテたいという男性にも向いている治療法です。

この他に独身で結婚を考えているという男性も、治療を受ける事をおすすめします。

薄毛が解消される事によって、女性へ自分をアピールしやすくなると同時に、女性の受けも良くなるからです。

AGA治療はいつから始めるべき?

AGA治療を受けるにあたり、年齢制限は無いと言われています。

思春期を過ぎて男性ホルモンの分泌バランスが整えば、誰でも治療を始める事が可能です。

AGAは10代という若い世代の方でも発症するケースがあるため、薄毛が気になったら早めに専門クリニックに相談する事をおすすめします。

未成年の方がAGA治療を始める場合、親権者の同意書が必要となるクリニックが大半ですので、事前に確認しておきましょう。

また、50代・60代と年齢を重ねてからでも、問題なくAGA治療は始める事が出来ます。

ただし、持病がある場合は治療出来ないケースもあるので、出来るだけ早めに始める事をおすすめします。