ザガーロ(デュタステリド)の効果を解説

ザガーロによる治療の効果・メリット

日本には、薄毛の悩みを抱える男性が数多く存在しています。

男性に多い脱毛症のひとつが、男性型脱毛症で、最近はAGAと呼ばれることも多いです。

男性型脱毛症は、放置していると徐々に進行していくので、早めに専門クリニックで医師の診察を受けることが大事です。

男性型脱毛症の治療方法の主流は、薬物治療です。

最近話題となっている治療薬が、ザガーロです。

男性型脱毛症の原因のひとつが、男性ホルモンです。

ザガーロは、男性型脱毛症を引き起こす原因となるジヒドロテストステロンを生成するのに必要な5-aリアクターゼを阻害します。

ザガーロは、Ⅰ型とⅡ型の両方を抑えることができるため、多くの男性が利用しています。

ザガーロのデメリット

人気が高いザガーロですが、副作用も報告されています。

精液量減少、初期脱毛、性欲減退、勃起不全、射精障害などの副作用が出る場合もあるので、注意が必要です。

薬を服用する場合は、メリットとデメリットを慎重に比較した上で利用することが大切です。

服用について心配がある場合は、必ず医師に相談してから服用することが大事です。

安全性が高い治療薬ですが、子供が欲しくて子作りに専念している男性は、ザガーロの服用を一時休んだ方が安心です。

日本では、EDに悩む人が増えていますが、ザガーロの服用でEDの症状が出たり、精液の量が減少する人もいます。

費用はどれくらい?

ザガーロは、2015年に日本で承認された比較的新しい治療薬ですが、様々なメディアで話題になったので人気があります。

ただ、保険は適用されません。

自由診療なので、薬代はクリニックによって異なります。

初めてザガーロを購入する場合、初回に限って格安で購入できるクリニックもあります。

クリニックでは、ザガーロの処方のみでも可能です。

治療薬を処方してもらう場合、使用料や使用法についても説明があります。

安全に治療薬を利用するには、医師の説明をよく聞き、指示通りに服用することが大事です。

クリニックの中には、全国にチェーン展開しているクリニックもありますが、クリニックによって処方の方針が異なるケースもあるので、事前に確認しておいた方が安心です。

どこで手に入れられる?

ザガーロは、AGA専門のクリニックや病院で入手することができます。

男性型脱毛症の治療薬は、世界規模の需要があるため、ジェネリック医薬品も多いです。

しかし、ザガーロのジェネリック医薬品はまだ登場していません。

ジェネリック医薬品は、権利が切れた薬品にだけ製造が許されるので、ザガーロのジェネリック医薬品が登場するのは、当分先のことになります。

最近は、個人輸入代行会社が運営するネットショップで海外の治療薬を購入する人も増えています。

しかし、個人輸入代行会社を利用して薬を購入した場合は、自己責任で使うことになります。