AGA治療費の目安は?保険はつかえる?

AGA治療で保険は適用できるのか?

AGA、抜け毛、薄毛治療はすべて自費診療となっており、保険を使用することはできません。

本人にとっては深刻な問題であっても、病気とはみなされないからです。

風邪・胃痛などは病気になりますが、薄毛は病気というよりコンプレックスと言えるでしょう。

美容整形に保険が使えないのと同じ理屈であり、100%自費診療となります。

そのため治療費は高額になりますが、最近は薬物療法が中心なので月に1万円程度で治療できるクリニックも登場しています。

薬物療法はミノキシジルとプロペシアを併用するのが一般的であり、併用した場合は15,000円程度となります。

男性ホルモンが影響していない薄毛に関しては、医療機関指定の発毛剤、シャンプー、サプリの利用などによって改善させるのが一般的です。

費用はAGAの場合と大差ありませんが、治療期間が短くなるので総費用としては安くなるでしょう。

AGAは最も改善に時間がかかる薄毛なので、早めの診断をおすすめします。

治療法別の費用の目安とは?

クリニックでAGA治療をする場合、最も高額になるのは自毛植毛です。

植毛の量にもよりますが、50万円~100万円以上はかかると考えてよいでしょう。

かつらの場合は費用は少し安くなりますが、ピース数によって大きく変わってきます。

ピース数を増やして、少しずつ増やすように見せかける方法だと、ピース数に応じた費用がかかります。

場合によっては自毛植毛より高額になることもあるでしょう。

また、かつらの場合は根本的な解決にはならず、定期的に買い換える必要があります。

生涯における総治療費と考えた場合は、あらゆる方法の中で一番高くなると言えます。

最もリーズナブルなのは薬による方法で、月額1~2万円くらいで治療ができるでしょう。

治療期間によって料金は異なり、長期になるほど高額になります。

そのためAGAは初期段階で治療するのが好ましく、放置しておくのはよくありません。

放置するほど多くの髪を失うことになり、回復までに時間を要するからです。